タロット占いの太陽というカード

Hot Ranking
タロット占いの太陽というカード

人相占いの各部分のみかたについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

人相占いという、人の顔をみて占う方法があります。その占い方法ですが、人相を占う為にみる部分があります。その部分ですが、大きくわけて3か所あります。そのかく部分によって人の運命だったりを見るとされています。見る部分として額から上の部分を上停とされ、人の年齢でいうと25歳までのを表すとされています。中停は25歳から45歳までの人生をさし、下停については45歳以降の人生を見るとされています。この3か所を見る事で先祖の事や育ちといったことや決断力や意思の強弱、家庭の事が分かるようになっています。

まず見る場所として額があります。額の場合は形から占う事ができる。丸っこい形の額だったり、左右に広がった形の物もあります。この形から長男や次男、三男としての気質が出てきます。長男の場合は左右に形が広がった額がよいとされているが、もし長男で丸っこい額の人の場合は長男向きではないと占えます。他には目という部分をみたり鼻の形をみたりします。このように顔の部分を見る事によって、その人の全体的な運勢や人生を占う事ができます。

Copyright (C)2017タロット占いの太陽というカード.All rights reserved.