タロット占いの太陽というカード

Hot Ranking
タロット占いの太陽というカード

占いが何故あれ程までに注目されるのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から村の風習とか言って根拠の無い事に囚われてきた日本人が占いと言うものに出会った時はそれが巷で大流行します。天武天皇の時代には中国から飛来した五経(易経・医・歴)などを基にした五行易が流行しここから占いが広がっていきます。

人間は自然や神々、宇宙など自分の力ではどうにもならない者と力の差を感じた時に無力さを実感します。そんな時に少しでも気休めにする為のものが風習や習慣です。昔の人が言った事に嘘があるわけではないでしょうが根拠も無いのです。

それでも信じなければならなかった時に得た教訓が信仰の深さです。信じて、信じて我慢してきた日本人の血が我々にはいまだに色濃く残っています。悪く言うときりが無いかもしれませんが、我々は信じて待つ事の得意な人間であると言うことです。占いが世界中から無くなるのはありえません、信じて待ち望む人が一人でもいるなら必要なものだからです。心の中に拠り所とするものが欲しい人は占いを受けてみる事をお勧めいたします。

Copyright (C)2017タロット占いの太陽というカード.All rights reserved.