タロット占いの太陽というカード

Hot Ranking
タロット占いの太陽というカード

東洋の色々な占いの種類と分類

このエントリーをはてなブックマークに追加

占いには多くの種類がありますが、東洋の占いは大きく分けると命・卜・相の三つに大別されるそうで、これに医・山の二つを加えて五術とも言われるそうですが、占い師のかたが通常行うのは命・卜・相であることがほとんどのようです。

命とは、人に主眼を置いた占いで、運命や宿命などを生年月日や生まれた時間・場所などの要素により、その人の傾向や人生の流れなどを占う事で推命とも呼ばれています。代表的な物は四柱推命・六星占術・0学占術などで、動物占いは四柱推命を簡略化したものと言われています。卜とは、人が関わりあう事柄に主眼を置いたもので、時間や方位・事象などの要素により物事を究明するものです。代表的な物は銭易・周易・断易などで、銭易はコイン占いとも言います。相とは、物の姿に主眼を置いたもので、目に見える対象の姿や形を見て人への影響や吉凶などを見る占いです。代表的な物は観相・家相・風水などがあり、観相の種類に手相占いや人相占いがあります。また、姓名判断も相の分類になります。

Copyright (C)2017タロット占いの太陽というカード.All rights reserved.